古銭の洗い方

古銭の洗い方|古銭は綺麗な方が高く買い取ってくれる!?

古銭を持っているけど、なんだか汚れていて汚い・・・・。
もちろん古銭は数年か数十年、数百年と使われてきたものですから傷ついたり、錆たり、変色をしていたりします。

よく聞かれるのが「古銭は綺麗な方が高く売れますか?」とか、古銭は何で洗えば良いですかなどです。

結論からいいますと、汚れていても洗わない方が良いです。

汚れていてもそれはその古銭の歴史で価値だからです。
もちろん古銭の状態が良いにこしたことはありません。
確かに古銭の買取価格を査定する要因に、古銭の状態も価格の一要素となるのも確かです。
が、古銭を洗ったときに変色したり、欠けてしまったりすることがあるからです。
万が一、変色したり、欠けてしまうと古銭の価値がいっきに下がり、半額以下という値段が付くこともあるからです。
ですので、私は柔らかい布で軽く程度をお勧め致します。

どうしても綺麗にしたいって方は、以下の注意点を参考に古銭を洗浄してみて下さい。
1. 強くこすらない!

強く擦ると大切な古銭を傷つけてしまったり最悪は欠けてしまうこともあります。
大切な古銭ですので力を入れず優しく拭いてあげましょう。

2. 歯ブラシでを使用しない!

歯ブラシを使用して磨いてしまうと表面が綺麗になっても小さな傷がついてしまいます。
ですので歯ブラシなどブラッシングをしてしまうと小さな傷がいっぱいということにもなりかねませんのオススメの洗い方ではありません。

3. 穀物酢・調味酢などを使用しない!

酢のニオイが古銭についてしまったりします。
それに酢に浸し過ぎると酸化してしまうので注意が必要です。
もし洗浄するなら5分程度、長くても10分程度にしておきましょう。

4. クレンザーで磨く

クレンザーには研磨剤が含まれていますので、クレンザーを使用して磨いてしまうと小さな傷がついてしまうことがあります。
小さいな傷がつくことで古銭の価値も下げてしまいますのでオススメはできません。

あと、消しゴムで磨くなどもありますが、こちらの方法も擦っているので古銭を傷つけることもあります。
希少価値が高い古銭であればできるだけ擦らない方が良いです。

あと、アマゾンでは日本貨幣書協同組合加盟店の方がコインクリーナーを販売してしております。
値段は、863円(税込)です。
残念ながら楽天では販売されておりませんのでご注意を。

こちらがそのコインクリーナーです。

コインクリーナー

ということで、今回は古銭の洗い方と注意点についてご説明をさせて頂きました。
古銭は資産です。大切な資産の価値を下げないためにも古銭の保存や洗い方に気をしけましょうね。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です