二千札の記番号がエラー

古銭のお札はゾロ目やキリ番がプレミアム価格になるって本当!?

古銭のお札(古紙幣)と言わず現在ご使用になられている日本銀行券E号でもプレミアム価格になるお札があります。
日本銀行券E号とは、平成16年11月1日に発行され現在私たちが使用してお札のことで、その前に発行されたお札はD号、その前はC号と呼ばれています。

もちろん、古いお札に希少価値があり高値で取引される場合もありますが、現在使用しているお札の中でもプレミアム価格になるお札もあります。

では、どのようなお札がプレミアム価格になるかというとゾロ目・キリ番・階段と呼ばれるお札です。
なんだか聞きなれない言葉ですがひとつひとつご説明をしますね。

まず最初に記番号というお札の番号をご説明致します。

お手持ちのお札を見て頂くと分かるのですが、お札の左上と右上に、記番号といってアルファベット1文字、または2文字 + 6桁の数字 + アルファベット1文字 で構成されているのがお分かりになるかと思います。

その6桁の数字が”111111”や”777777”のようにゾロ目になっていると希少価値が高く、額面の数倍以上のプレミアム価格になります。

また、階段と言って、数字が連番になっている番号、たとえば”123456”や”234567”などですがこちらも額面以上の値が付きプレミアム価格になります。

あとは、キリ番号です。

キリ番号とは、”100000”や”700000”などキリの良い番号も希少価値が高く、こちらの額面以上の価格が付いたりします。

これらゾロ目や階段、キリ番号に共通して言えることですが、”未使用”、”ピン札”であれば査定のプラスポイントとなり、大幅な買取価格になったりします。

また、その他にも”印刷ミス”や”印刷ズレ”、”記号違い”、””耳付き”と言って、紙幣の裁断ミスなどがあるとこれも思いもよらないほどの価格になることもあります。

ちなみに、印刷ミスとは、印刷が欠けていて絵柄の一部が空白になっていたり、または絵柄が片面のみの状態を言います。

印刷ズレとは、絵柄がずれて重なったりして印刷されているものや、紙幣の中央に収まらず少し左や右にづれて印刷されたものを言います。

記号違いとは、紙幣に印刷されている記番号が表面と裏面で違っていることを言います。

こちらはヤフオクに出品されていた日本銀行券D号1,000円札(夏目漱石)ですが、珍しい”888888”が並んでいます(^^♪

日本銀行券D号1,000円札(夏目漱石)記番号が”888888”

なんとも縁起が良いお札です!

またこちらもヤフオクに出品されていた二千札のエラー紙幣です。

左上の記番号と右下の記番号が違うのがお分かりになるかと思います。

二千札の記番号がエラー

こんなことがあるんですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です