寛永通宝

寛永通宝の中でも希少価値が高い寛永通宝はどれ!?その価格とは!

突然ですが、古銭をお持ちでしょうか?
このサイトをご覧になられているということは古銭をお持ちか、ご興味があるだと方と思います。
私の友人にも”古銭を持っているが価値が分からない”という方がいます。
希少価値が高いのか低いのか、売ればいくらぐらいになるのかなどいろいろ聞かれたりします。
そこで、このページでは江戸時代に鋳造された古銭の中から皆様もよくご存知の寛永通宝についてご紹介を致します。

まず寛永通宝について説明をさせて下さいね。
寛永通宝は、寛永3年(1626年)から約260年の長期に渡り鋳造されました。
そのため、その種類はなんと! 数百種類もあり書体や大きさが違います。
また、寛永通宝は、大きく2種類に分類をすることができます。
一つは古寛永で、もう一つが新寛永です。
古寛永は、寛永3年(1626年)から寛文8年(1668年)まで鋳造された寛永通宝で、芝・浅草・坂本・水戸・仙台・吉田・松本・高田・岡山・萩・竹田・建仁寺・沓谷・鳥越の日本各地で鋳造されていました。
一方の新寛永は、寛文8年(1668年) 江戸亀戸村で、幕府の直轄として鋳造されました。

そんな寛永通宝ですがでは!どの種類の寛永通宝が希少価値が高いのでしょうか?

それは母銭です。

母銭とは、通常の寛永通宝を鋳造する時の母型(ぼけい)で、材質や寸法に違いがあります。通常銭よりほんのわずかだけ大きく、文字なども鮮明という特徴があります。
通用銭と違って、母銭は一般的には使用しないので希少価値が高くなり高い物では50万円以上の値がつくこともあります。

見分け方は非常に難しいです。
さきほども申しましたが、通常銭よりほんのわずかだけ大きく、文字なども鮮明という特徴があるのですが素人の方がいきなり見分けることは無理だと思います。
また、参考品や模造品も多いので古銭商の方に見てもらうことをオススメ致します。

ちなみに、通用銭が1,000円程度の値しか付かない寛永通宝でも、母銭ともなれば50万円以上もの値がつくこともあります。
それほど寛永通宝の母銭は希少価値が高いということになります。

あと、比較的に価値が見分けやすい寛永通宝があります。
それは、多くの方が一度は目にしたことがある寛永通宝より一回り以上大きく、表面に寛永通宝と鋳込みされているのですが、裏面には、「永久世用」と「珍」の文字が書かれている古銭は、「宝永通宝」と言って、価値が3,000円から60,000円にもなることがあります。
表面には「寛永通宝」と書かれているのですが正確には「宝永通宝」と言います。

宝永通宝

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です